【クラロワ】全ユニットの弱点・相性表【ガーゴイルの群れ編】

スポンサーリンク

ユニット別にカードの相性を分析してみたいと思います。

今回の注目ユニット【ガーゴイルの群れ】

ガーゴイルの群れ

【ガーゴイルの群れ】

エリクサーコスト:5

攻撃目標:空中/地上

射程:2

攻撃速度:1秒

移動速度:はやい

特徴:空中複数ユニット

スポンサーリンク

対戦ユニットとの弱点・相性表

○得意 ▲どちらとも言えない ×苦手

  • ボンバー        ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • アーチャー       ▲   遠距離攻撃は苦手も数の優位で有利
  • ナイト         ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ミニPEKKA       ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • マスケット銃士     ▲   遠距離攻撃は苦手も数の優位で有利
  • ジャイアント      ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • プリンス        ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ベビードラゴン     ▲   範囲攻撃が痛い
  • スケルトン部隊     ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ネクロマンサー     ▲   本体の範囲攻撃が痛い
  • 槍ゴブリン       ▲   遠距離攻撃は苦手も数の優位で有利
  • ゴブリン        ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • バルキリー       ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • スケルトン       ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ガーゴイル       ▲   数の優位、コスト面で有利
  • 巨大スケルトン     ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • エアバルーン      ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • バーバリアン      ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ガーゴイルの群れ    =
  • ホグライダー      ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • PEKKA         ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ラヴァハウンド     ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ファイアスピリット   ×   範囲自爆で一掃される
  • ウィザード       ×   範囲攻撃で殲滅される
  • アイスウィザード    ×   範囲攻撃、スピードダウンが痛手
  • ゴーレム        ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • スパーキー       ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • 穴掘り師          ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ロイヤルジャイアント  ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • 三銃士         ▲   遠距離攻撃は苦手、スピードの違いで貢献か
  • 盾の戦士        ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • ダークプリンス     ○   空中攻撃の無いユニットは得意
  • プリンセス       ×   射程の距離、範囲攻撃で不利

ガーゴイルがエリクサーコスト3に対して3体のところ、ガーゴイルの群れはエリクサーコスト5に対して6体出てくるので、コスト面でもこちらの方が効率的。ただし、矢の雨やウィザードの範囲攻撃など一掃された場合の痛手も大きい。

対応されなかった時の瞬間攻撃力は目を見張るものがある。攻撃の要、敵ユニットの迎撃役としての役割も担う。

個人的な判断となりますので、ここは違うというご意見などありましたらコメント欄にお願いします。皆様の意見を参考に随時更新してゆきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です