【クラロワ】全ユニットの弱点・相性表【ネクロマンサー編】

スポンサーリンク

ユニット別にカードの相性を分析してみたいと思います。

今回の注目ユニット【ネクロマンサー】

ネクロマンサー

【ネクロマンサー】

エリクサーコスト:5

攻撃目標:空中/地上

射程:5

攻撃速度:0.7秒

移動速度:ふつう

特徴:スケルトンを生成しながら進む独特なユニット。本体は範囲攻撃

スポンサーリンク

対戦ユニットとの弱点・相性表

○得意 ▲どちらとも言えない ×苦手

  • ボンバー        ×   範囲攻撃で相性は悪い、コスト面で不利か
  • アーチャー       ▲   スケルトンを1匹づつ対処されると厳しいか
  • ナイト         ▲   数の優位で圧倒できる、近接戦は不利
  • ミニPEKKA       ▲   数の優位で圧倒できる、近接戦は不利
  • マスケット銃士     ▲   数の優位で圧倒できる、近接戦は不利
  • ジャイアント      ○   数の優位で圧倒できる
  • プリンス        ▲   数の優位で圧倒できる、近接戦は不利
  • ベビードラゴン     ▲   範囲攻撃でスケルトンを排除されると厳しい
  • スケルトン部隊     ○   本体の範囲攻撃が有効
  • ネクロマンサー     =
  • 槍ゴブリン       ▲   コスト面で不利か
  • ゴブリン        ▲   数の優位で圧倒できる、近接戦は不利か
  • バルキリー       ×   範囲攻撃が痛い
  • スケルトン       ○   本体の範囲攻撃で一掃
  • ガーゴイル       ○   本体の範囲攻撃が有効
  • 巨大スケルトン     ▲   数の優位で殲滅に貢献も近接戦は不利
  • エアバルーン      ○   本体ユニットで対応、スケルトンは前線に
  • バーバリアン      ▲   遠距離戦は有利、近接戦は不利
  • ガーゴイルの群れ    ▲   本体の範囲攻撃が有効、近接戦は不利
  • ホグライダー      ○   スケルトンで対応
  • PEKKA         ▲   遠距離戦は有利、近接戦は不利
  • ラヴァハウンド     ○   単体の殲滅力では力不足、共闘で挑みたい
  • ファイアスピリット   ▲   スケルトンが盾代わりに、本体を狙われると厳しい
  • ウィザード       ×   範囲攻撃で殲滅される
  • アイスウィザード    ×   範囲攻撃、スピードダウンが痛手
  • ゴーレム        ○   数の優位で圧倒できる
  • スパーキー       ×   範囲攻撃で一掃される、他のユニットと共闘で対応
  • 穴掘り師          ×   近接戦に持ち込まれると不利
  • ロイヤルジャイアント  ○   数の優位で圧倒できる
  • 三銃士         ▲   コスト面で優位か、性能では劣る
  • 盾の戦士        ▲   遠距離戦は有利、近接戦は不利
  • ダークプリンス     ▲   遠距離戦は有利、近接戦は不利
  • プリンセス       ×   射程の距離、範囲攻撃で不利

ネクロマンサーはスケルトンを盾に、本体は弱範囲攻撃で支援するユニットです。本体のスタミナが低い為、使い勝手が難しいユニット。じわじわと戦局を押してゆく戦いに向いているのかもしれません。

個人的な判断となりますので、ここは違うというご意見などありましたらコメント欄にお願いします。皆様の意見を参考に随時更新してゆきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です