【クラロワ】最も低いエリクサーデッキを発展させてみた02【ウィニー】

スポンサーリンク

前回、前々回の最もコストの低いエリクサーデッキは【矢の雨】や範囲攻撃に弱いという脆弱性を持っていました。

今回は【矢の雨】に焦点を絞って、ウィニーデッキを展開してみました。

【クラロワ】最も低いエリクサーデッキを発展させてみた02【ウィニー】

前回のデッキは

ウィニーデッキ01

こちら。ボムタワーやウィザードの対策として【ファイアボール】を組み込んだウィニーデッキでしたが、長期戦のペチペチボディブロー戦略となる地味で辛い戦いを強いられるデッキでした。

前回の記事

矢の雨

矢の雨イラスト

今回は、ウィニーデッキの弱点となる【矢の雨】に焦点を絞ってデッキを作ってみたいと思います。

【矢の雨】のダメージは以下の通り

レベル  ユニットダメージ  タワーダメージ

1 115 × 1 46
2 126 × 1 51
3 139 × 1 56
4 152 × 1 61
5 167 × 1 67
6 184 × 1 74
7 202 × 1 81
8 221 × 1 89
9 243 × 1 98

Lv1 115 ~ Lv9 243 までのユニットダメージとなります。

この攻撃力を踏まえて組んでみたデッキはこちら↓

ウィニーデッキ02

エリクサーコスト平均は3.1、なかなかの低コストデッキです。

このデッキで【矢の雨】で溶かされるのは【槍ゴブリン】のみとなっています。

範囲攻撃の脆弱性をカバーしたデッキ、はたしてどうなるのでしょうか?

10戦してみた結果

アリーナ5 トロフィー1456 からのスタートです。

結果

4勝5負1分けでした。

トロフィー数は1422となってしまいました。

スポンサーリンク

このデッキの戦い方

今回のデッキの攻撃の要は【ホグライダー】です。

中型ユニットでジリジリ押し込む中投入、【ホグライダー】が中型ユニットの間を縫ってアリーナタワーを攻撃する作戦です。

【矢の雨】でもユニットは死なず、そこそこに体力のあるユニットが壁役となってくれますので、ホグライダーへの攻撃が逸れてくれます。

【ホグライダー】【ゴブリン】【ガーゴイル】などに簡単に溶かされてしまいますので、【ホグライダー】を支援する為に、【ザップ】【矢の雨】はすぐに打てるように準備しておくとベターです。

このデッキの弱点

【ジャイアント】にやや苦手な感じを受けました。

中型ユニットは、ゴブリンやスケルトンの大群よりも【攻撃力に劣る】点が見受けられます。

ジャイアントを盾に攻めてこられるとジリジリと押し返されてしまうのが難点でした。

そして

最大の天敵が居ました・・・

エアバルーン

それは、【エアバルーン】!

10戦してみた中の最後の1戦にそいつは現れました。。。

前半はこちらが有利に押し込んでおり、敵のアリーナタワーを1つ破壊しました。

こちらのアリーナタワーは両方ともほぼ無傷、これは楽勝で勝ったなと思った矢先に現れた【エアバルーン】

【エアバルーン】【レイジ】が被せられ凶悪な攻撃力を見せる中、こちらの対空戦力【槍ゴブリン】【ベビードラゴン】もなかなか手元にカードが来ない・・

【ザップ】で対応するも攻撃力が低すぎる・・

次のカードを手に入れる為には、【ナイト】【ホグライダー】などを使ってカードを消費しないといけないけど、エリクサーコストがかさんでしまう・・・

そんなこんなしている間に、アリーナタワーを1つ陥落させられ、さらに【エアバルーン】【レイジ】のコンビネーションでキングタワーまで落とされてしまいました。

たまたまかもしれませんが、押し込まれた時に対応できるカードを入れると強くなるデッキなのかなと思いました。

↓↓新作のおすすめゲームです↓↓

スマホゲームランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です