【クラロワ】エリクサーポンプの配置場所と使い方。対ファイアボール・ポイズン・ロケット検証

スポンサーリンク

今回はエリクサーポンプに焦点を当てて検証してみましょう。

エリクサーポンプの効能

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%97

エリクサーコスト:5

稼働時間:70秒

生産速度:9.8秒

レベル1:HP640

レベル11:HP1638

エリクサーポンプはエリクサーを7生み出してくれます。

70秒後に+2のエリクサーを得られているカードです。

またレベル1でHP640ある施設カードです。大砲はレベル1でHP400ですので

敵を誘導し囮として使う方法もあります。

スポンサーリンク

エリクサーポンプの配置場所

エリクサーポンプは、初手で配置する事が多いカードですが

相手も即対応してくるカードでもあります。

対応方法としては、【ファイアボール】【ポイズン】【ロケット】これらのカードで破壊してきます。

また、相手はエリクサーポンプにダメージを与えると同時にアリーナタワーにもダメージを与えてきます。

ファイアボールとポイズンはアリーナタワーとの同時攻撃は防げないですが、攻撃範囲の狭い

ロケットならば、キングタワーの前に置く事でアリーナタワーへのダメージを回避出来ます。

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e9%85%8d%e7%bd%ae%e5%a0%b4%e6%89%80

ファイアボール・ポイズン・ロケットで対応された場合の損得

エリクサーポンプ

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%97

レベル1:HP640

稼動時間:70秒

1秒あたりのHP減少:9.14

ファイアボールでの対応

ファイアボール

レベル1:325ダメージ

アリーナタワーダメージ:130

エリクサーポンプにファイアボールを打った場合

エリクサーポンプ残りHP:315

残り稼動時間:34秒

双方のエリクサーコストの消費

エリクサーポンプのコスト:5-3=2

ファイアボールのコスト:4

エリクサーポンプを配置した側は5払い3返ってくるので、使用コストは2。

ファイアボールを打った側はカード使用コストは4です。

ファイアボールを打った側の方がコストを2程多く使用している事になりますね。

アリーナタワーへのダメージがありますので

エリクサーコスト2でタワーへ130ダメージ与えたのと一緒の計算です。

ちなみに、コスト2のザップをタワーへ打った場合のダメージは同じレベル1なら、32

となりますのでかなりお得といえるでしょう。

ポイズンでの対応

ポイズン

レベル1:400ダメージ

アリーナタワーダメージ:160

エリクサーポンプにポイズンを打った場合

エリクサーポンプ残りHP:340

残り稼動時間:26秒

双方のエリクサーコストの消費

エリクサーポンプのコスト:5-2=3

ポイズンのコスト:4

ファイアボールに比べて、ポイズンの方が効果が高いようです。

ロケットでの対応

ロケット

レベル1:700ダメージ

アリーナタワーダメージ:280

双方のエリクサーコストの消費

エリクサーポンプのコスト:5

ロケットのコスト:6

ロケットで対応された場合、エリクサーポンプを配置したばかりだと

アリーナタワーへのダメージも同時に受けた場合はかなりの損害だといえるでしょう。

ただポンプを破壊させるだけならば、エリクサー1ほど有利に立てる事になるので、配置場所に気をつけて対処していくとよいでしょう。

気をつける事

エリクサーポンプはただ配置するだけのカードですので、配置した瞬間は、こちらのエリクサーも減少しており反撃を食らいやすい状態です。

低コストのカードで相手の反撃に即時対応出来る準備をしながら気をつけて配置するようにしましょう。

エリクサーポンプの使い方

前半戦は後方に配置し、後半戦に向けてエリクサーで優位に立てるように防衛に集中しながら対処しましょう。

中盤から後半戦にかけては、施設としても高いHPを利用し、相手のユニットを誘導したり囮としてアリーナを守りぬく為に使ってもよいでしょう。

↓↓新作のおすすめゲームです↓↓

スマホゲームランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です