【クラロワ】ペッカ・三銃士を使ったランカーデッキを検証解説アリーナ9【レジェンドアリーナ】

スポンサーリンク

ペッカ・三銃士を使ったランカーデッキの強さを検証してみたいと思います。

【クラロワ】ペッカ・三銃士を使ったランカーデッキを検証解説アリーナ9【レジェンドアリーナ】

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad

主力となる攻めはペッカと三銃士、かなり重たいカードで構成されたデッキですが

魔法はコスト2のザップやアイススピリット等のコストの軽い防衛力も備えたデッキです。

スポンサーリンク

このデッキ戦い方

・ペッカ、三銃士での戦い

まずはペッカを後方から配置します。足の遅いペッカですので、相手戦線に到着する頃には

エリクサーがある程度溜まってきています。

ここで、後方支援の【三銃士】を左右に割れるように投入します。

ペッカ側に1体、逆サイドに2体流れるように配置します。

相手はペッカ側に対応を追われていると、逆サイドの銃士に痛手を食ってしまうというパターンです。

・ペッカを盾にディガーが裏から攻撃

ペッカとディガーで前後から攻めるパターンです。

どのデッキも臨機応変な対応が必要ですが、このデッキはペッカがジャイアントの役目も果たしています。

%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%ab%e4%b8%89%e9%8a%83%e5%a3%ab%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e6%94%bb%e3%82%81%e6%96%b9

エリクサーポンプ

初手でエリクサーポンプがあれば、エリクサーポンプでブーストをかけつつ戦況を見極めペッカを投入する方法も望ましいでしょう。

まとめ

ウルトラレアカードはディガー1枚のみ、他のカードはレジェンドアリーナに到達している方は大方手に入っていると思います。

かなり突出したデッキと言える構成でしょう。ペッカも三銃士も高コストのカードですので、インフェルノタワーやファイアボール等で対応されてしまうと一瞬で瓦解してしまうかもしれません。

決まれば相手のタワーを高火力で瓦解させる爽快感のあるデッキでしょう。

↓↓新作のおすすめゲームです↓↓

スマホゲームランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です