【クラロワ】改良版スケルトンラッシュ+フリーズ強襲デッキ!【アリーナ9・レジェンドアリーナ】

スポンサーリンク

前回の記事では【スケルトンラッシュ】をベースに様々なコンボを組み込んだデッキを紹介しました。

今回はさらに実践的に改良してみました。前回の記事↓

【クラロワ】スケルトンラッシュ+フリーズ強襲デッキが凶悪!【アリーナ9・レジェンドアリーナ】

【クラロワ】改良版スケルトンラッシュ+フリーズ強襲デッキ!【アリーナ9・レジェンドアリーナ】

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad02

デッキの構成はこちら。

前回との変更点は

【ホグライダー】→【アイスウィザード】

【ガーゴイル】→【槍ゴブリン】

の2点です。

アリーナタワーおよびその周辺のユニットのスピードを低下させる事でスケルトンラッシュのダメージ効率がアップします。また、アイスウィザードは防衛面でも力を発揮してくれるので防衛力がかなりアップしています。

ガーゴイルを槍ゴブリンに変更した事でエリクサーコストが1軽くなっています。

スケルトンラッシュとの連携を合わせる時によりスピーディーに攻撃しやすいデッキに変更しました。

スポンサーリンク

このデッキ戦い方

基本のダメージソースは【スケルトンラッシュ+フリーズ】

スケルトンラッシュ+フリーズはかなり凶悪なコンボです。

相手はスケルトンラッシュに対応する為にユニットを投入してきますので、そのタイミングを見計らって【フリーズ】を撃ちましょう。

・槍ゴブリン+スケルトンラッシュ+フリーズ

スケルトンラッシュ+フリーズで相手の動きを止めたら即座に槍ゴブリンで追い討ちをかける事でさらなるダメージアップにつながります。

・アイスウィザード+スケルトンラッシュ+フリーズ

アイスウィザードを少し後方から配置し、相手が対応するかどうかギリギリの所でスケルトンラッシュを撃ちましょう。相手がスケルトンラッシュに対応する為にユニットを投入したらすかさず【フリーズ】。手の空いたアイスウィザードが相手の速度をさらに鈍化させる事で場を制圧しやすくなります。

・マスケット銃士+スケルトンラッシュ+フリーズ

マスケット銃士も後方から配置し、相手のアリーナタワーのターゲットになるギリギリでスケルトンラッシュを撃ちます。相手が対応する為にユニットを投入したらすかさず【フリーズ】。手の空いたマスケット銃士が強力な援護射撃でタワー撃沈に貢献してくれます。

・ディガー、ランバージャック

ディガーやランバージャックも上記の攻め方と同様の使い方が出来ますが、ターゲットのタイミングをずらしたり、ジャイアント等の迎撃防衛用、プリンセスの撃退用など幅広く対応してくれるユニットですので、その場その場で誰を補助アタッカーにするかを変えながら戦えるのもこのデッキの幅の広さです。

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e6%94%bb%e3%82%81%e6%96%b903

ランバージャックの役割

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af

ランバージャックの強みは、倒れた後のレイジ効果のみではありません。

素早い移動速度と高い攻撃力・攻撃スピード

ミニペッカと同様以上の働きをしてくれます。

攻撃スピードが速いので相手が数で攻めて来た時やジャイアントのような高HPユニットで攻めて来た時にも対処してくれます。

アリーナタワーを一つ撃破した後

アリーナタワーを一つ撃破した後はキングタワーも攻撃に参加してきます。

次なるアリーナタワーを狙う場合は、フリーズをキングタワーも含めてかかるように撃つ事がスケルトンラッシュを活かす鍵となります。

スケルトンラッシュは1体(1アリーナタワー)だけからの攻撃ならば生産速度が上回り徐々に攻撃力を高めてゆきますが、2体以上からの攻撃を受けだすと、スケルトンが発生すると同時に処理されてしまい、全然ダメージが通らなくなってしまいます。

以外と脆い一面もあるスケルトンラッシュですので、フリーズやアイスウィザード、ディガーでの盾役投入などと一緒に攻撃に移ってください。

防衛

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad02

スケルトンラッシュは攻撃の要として置いておき、他のカードは全て防衛でも機能してくれるカードとなっていますので、かなり安定した戦いが出来るようになったのが前回のデッキとの大きな違いです。

前回のデッキとの違いから見えてくるもの

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad

大きな違いは、【ホグライダー】→【アイスウィザード】の変更点です。

ホグライダーは施設破壊の為のユニットですので、アリーナタワーの破壊にはかなり強力なアタッカーです。

ですが、ホグライダー、フリーズの計8コストがほぼアリーナタワー破壊のみに使われている形となり、タワーを破壊した後に残った相手ユニットのカウンター攻撃でこちらも大打撃を受けてしまうのが前回のデッキでした。

ホグライダーの代わりにアイスウィザードを投入した事で、アリーナタワーの破壊と共に【相手ユニットへの攻撃+こちらのエリクサーが回復する時間】を作り出してくれています。

また、アイスウィザードが防衛に加わってくれたおかげでガーゴイルをもう少しコストの安い槍ゴブリンに換えても防衛面での不安が無くなった事も大きなポイントです。

まとめ

このデッキの要であるスケルトンラッシュ+フリーズはかなり凶悪なコンボです。

必要なのはいつ撃つかのタイミングです。相手のエリクサーコスト、防衛ユニット投入のタイミングを見計らって攻撃に移ってください。

一度タイミングが狂うと、相手のペースに飲まれてずるずると負けてしまう事もありますので、何度か使ってベストタイミングを見つけてみてください♪

スケルトンラッシュを使う場合はこちらの記事を参考に、魔法を落とす場所に気をつけて使ってください↓

【クラロワ】スケルトンラッシュの使い方。最適な配置場所とは?!

↓↓新作のおすすめゲームです↓↓

スマホゲームランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です